CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3346 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3):安井寿磨子展 | main | 3348 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):石丸康生展 >>
3347 GALLERY.b.TOKYO(中央区京橋3-5):牧山雄平個展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1410028.JPG

    GALLERY.b.TOKYO(中央区京橋3-5)では、
    牧山雄平個展。

    P1410029.JPG

    P1410030.JPG

    P1410031.JPG

    会場風景。

    腕の立つ画家による、
    様々なテイストの有機的な抽象表現。
    画面から不思議な生気が漂います。

    生きていることの儚さと逞しさが
    靄の中から姿を現すように、徐々に形を成すようです。

    線や色、形が互いに補い合う事により、
    そもそも絵になりようのない歓喜や恐れが、
    時間の流れをとともに意識される。
    そんな印象でした。

    P1410032.JPG

    P1410033.JPG

    P1410034.JPG

    REM

    P1410035.JPG

    六弦  三線

    P1410036.JPG

    ​六弦

    P1410037.JPG

    P1410038.JPG

    Song above the sky

    P1410039.JPG

    P1410040.JPG

    Cat on the carpet

    P1410041.JPG

    P1410043.JPG

    ​Chair on the carpet

    P1410046.JPG

    P1410047.JPG

    Bleue Harpe


    写真:筆者撮影

    Scan0011.jpg

    Scan0012.jpg

    20180828 鑑賞
    | 印象記 | 05:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3366