CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3347 GALLERY.b.TOKYO(中央区京橋3-5):牧山雄平個展 | main | 3349 巷房1+巷房2+階段下(中央区銀座1-9):田中洋江展 >>
3348 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):石丸康生展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1410049.JPG

    銀座K's Gallery(中央区銀座1-13)では、石丸康生展。

    P1410050.JPG

    P1410051.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、ー大津島からー。

    大津島とは、山口県周南市の沖合い10数kmのところに浮かぶ島です。

    作品は、島の風景の抽象表現にとどまらず、
    太平洋戦争末期に、
    人間魚雷「回天」の訓練基地が設置されていたという
    歴史が底流にあります。

    鑑賞者は、そのあたりの事情までは共有できませんが、
    作家側の制作モチベーションのなかに、
    風景や雰囲気の再現という表層の下に、
    冷たくよどむ記憶が潜み、
    それを絵画に置き換える技量があるならば、
    シベリア体験を絵で語るしかなかった
    香月泰男の作品のように、
    一人の画家の個人的な想いが普遍性を持つ事が可能になる。
    そんな印象でした。

    P1410052.JPG

    P1410053.JPG

    P1410054.JPG

    作品と部分詳細。

    P1410055.JPG

    P1410056.JPG

    ​作品と部分詳細。

    P1410057.JPG

    P1410058.JPG

    ​作品と部分詳細。

    P1410059.JPG

    P1410060.JPG

    P1410061.JPG

    ​作品と部分詳細。


    写真:筆者撮影

    Scan0013.jpg

    Scan0014.jpg

    20180828 鑑賞
    | 印象記 | 05:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3367