CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3354 OギャラリーUP・S(中央区銀座1-4):フジタ ユウコ展 | main | 3356 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):服部篤浩展 >>
3355 コバヤシ画廊(中央区銀座3-8):湯川雅紀展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1410188.JPG

    コバヤシ画廊(中央区銀座3-8)では、湯川雅紀展。

    P1410197.JPG

    会場風景。

    横長の大きな画面に、
    (和っぽい)単色の地が塗られ、
    その上に様々な形の楕円が浮遊し、
    重なり合っています。
    楕円は太い枠線で囲われ、
    内部には線や形の「何事か」が描かれています。
    一つの楕円内の「何事か」は、
    別の楕円の「何事か」と連動しているように見えます、
    すると、楕円はある世界を覆っている
    単色の膜に穿たれた孔なのかもしれません。

    一見グラフィカルな画像のようですが、
    フリーハンドの揺らめきが画面に漂います。

    このように鑑賞者は絵画の前で、
    勝手に思案を巡らしますが、

    それは謎解きのような考察ではなく、
    感性から感性へ直接働きかけてくるような、
    内面に心地よいさざ波が立つような、
    ロジックが気にならない無防備に受け取る波動。
    そんな印象でした。

    P1410189.JPG

    P1410194.JPG

    P1410196.JPG

    P1410195.JPG

    作品と部分詳細。

    P1410190.JPG

    P1410191.JPG

    P1410192.JPG

    作品と部分詳細。

    P1410198.JPG

    P1410199.JPG

    P1410200.JPG

    作品と部分詳細。


    写真:筆者撮影

    Scan0025.jpg

    Scan0026.jpg

    20180828 鑑賞
    | 印象記 | 05:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3374