CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    紋谷幹男 (03/11)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    shizuokanishino (03/11)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    紋谷幹男 (02/02)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    岡村 光哲 (02/01)
  • 2966 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3): サイトユフジ展
    紋谷幹男 (12/30)
  • 2966 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3): サイトユフジ展
    サイトユフジ (12/26)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展 | main | 3360 GALLERY枝香庵(中央区銀座3-3):椋野茂美展 >>
3359 NICHE GALLERY(中央区銀座3-3):仙洞田文彦 作品展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞

     


    P1410262.JPG

    NICHE GALLERY(中央区銀座3-3)では、
    仙洞田文彦 作品展。

    展覧会タイトルは、ー洗硯魚呑墨ー。
    ※硯を洗っていると、魚が寄ってきて流れる墨とたわむれはじめた。

    作家は日本で油絵を専攻した後、
    中国、北京の中央美術学院山水画研究室修士課程を修了という、
    異色というか、気合の入った修行経験の持ち主です。

    美術への、
    意識・好み=マインド・感性と、
    画力、テクニックの融合として絵画が現れますが、
    この作家のように、油彩画と山水画を習得し、
    かつ、両方とも好きという
    ハイブリッドな画家はどんな絵画世界を拓くかという、
    科学実験のような興味もあります。

    出現した作品群はこの通り、
    とても広範囲の作風を持ちますが、
    「洗硯魚呑墨」、
    風雅な暮らしののんびりした気分が、
    作品の底流に漂うのも、
    そんな「好きなことを好きなように描きたい」
    気分の効果なのだろうな。
    そんな印象でした。

    P1410254.JPG

    P1410255.JPG

    飛龍白雲

    P1410258.JPG

    P1410259.JPG

    P1410260.JPG

    蒼海波浪

    P1410250.JPG

    P1410251.JPG

    枇杷累々

    P1410243.JPG

    P1410244.JPG

    聖マルコ寺院

    P1410246.JPG

    P1410247.JPG

    P1410248.JPG

    ドナウ川


    写真:筆者撮影

    Scan0033.jpg

    Scan0034.jpg

    20180828 鑑賞
    | 印象記 | 05:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3378