CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3370 GalleryK(中央区京橋3-9):福島菜菜展 | main | 3372 ギャラリーQ(中央区銀座1-14):成田淑恵展 >>
3371 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):中山智介展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC00257.JPG

    銀座K's Gallery(中央区銀座1-13)では、中山智介展。

    DSC00258.JPG

    会場風景。

    国展会員による抽象表現。

    このように事象の再現が意図されない
    抽象表現において、
    画力というかデッサン力は不要のように思われますが、
    「現物」を前にして、
    明らかに何かを訴求されてしまえば、
    その推進力たる、
    強い画力、デッサン力が働いていることが実感されます。

    描かれた絵画の価値が、
    美への思考と、描くことの欲求の二重性を、
    キャンバスという平面の上で、
    高めて、制御し、それらを絵画として統合してゆく結果ならば、
    画家が伝えたいことと、
    鑑賞者が受け取ったことの差異が問題ではなく、
    伝わった実感そのものが重要なのだな。
    そんな印象でした。

    DSC00259.JPG

    DSC00260.JPG

    DSC00261.JPG

    作品と部分詳細。

    DSC00262.JPG

    DSC00263.JPG

    DSC00264.JPG

    ​作品と部分詳細。

    DSC00265.JPG

    DSC00266.JPG

    DSC00267.JPG

    ​作品と部分詳細。

    DSC00268.JPG

    DSC00269.JPG

    ​作品と部分詳細。

    DSC00270.JPG

    DSC00271.JPG

    DSC00272.JPG

    ​作品と部分詳細。


    写真:筆者撮影

    Scan0027.jpg

    Scan0028.jpg

    20180911 鑑賞
    | 印象記 | 04:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3391