CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    紋谷幹男 (03/11)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    shizuokanishino (03/11)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    紋谷幹男 (02/02)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    岡村 光哲 (02/01)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3378 OギャラリーUP・S(中央区銀座1-4):松井浩一展 | main | 3380 コバヤシ画廊(中央区銀座3-8):佐藤 希展 >>
3379 ゆう画廊 5・6F(中央区銀座3-8):畑中 優 展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC00387.JPG

    ゆう画廊 5・6F(中央区銀座3-8)では、畑中 優 展。

    DSC00388.JPG

    会場風景。

    子供の顔、老人の顔、
    蝉やカラス、洋ナシが
    再現的に描かれています。
    しかし、筆者はあることに気付きます。
    この絵は姿形だけを表現しようとしていないなと。

    絵はリアルになればなるほど、
    表面的な姿形に情報が集約されてゆくことに対して、
    姿形以外というか、その奥の事に
    関心が向かう影響力が同時に発生することが、
    これらの絵画の優れた特徴です。

    モチーフによって、
    画家の意識下に発生したイメージを、
    描くという行為によって起きる「形が似てしまう」という
    宿命を受け入れながらも、
    引き上げ、構築してゆく行為としての絵画。

    そのイメージを、
    画面の前に立つ他者へ、自然な共感として開いてゆく。

    腕が立つので正確に再現されてしまうものの、
    再現を目的としない絵画。
    絵画としての自立が成り立っている。
    そんな印象でした。

    DSC00389.JPG

    DSC00391.JPG

    父の匂い

    DSC00393.JPG

    DSC00394.JPG

    淡き恋

    DSC00396.JPG

    母の忘れもの

    DSC00399.JPG

    DSC00400.JPG

    黒き石を投げる

    DSC00402.JPG

    DSC00404.JPG

    DSC00405.JPG

    DSC00406.JPG

    DSC00407.JPG

    立ち尽くす日々のものたち

    DSC00408.JPG

    DSC00409.JPG

    シエナの坂道


    写真:筆者撮影

    Scan0041.jpg

    Scan0042.jpg

    20180911 鑑賞
    | 印象記 | 05:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3399