CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3380 コバヤシ画廊(中央区銀座3-8):佐藤 希展 | main | 3382 StepsGallery(中央区銀座4-4):郷戸一行展 >>
3381 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):垣見久子展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC00424.JPG

    ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4)では、垣見久子展。

    DSC00425.JPG

    DSC00426.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、
    ー景と、ティランジアと、至福のときとー。

    ティランジアとは、パイナップル科の常緑の観葉植物です。

    花がモチーフならば、
    多くの画家は、
    その表面的な美しさを再現することに注力しますが、
    この作家は、
    こんな独特な美しさが
    これが意図的に作られた人工物ではなく、
    自然現象として存在していることに、
    驚愕というか、神秘を感じてしまい、
    美しさの不思議を絵画化しようとしているようです。


    旋律のように伸びる一本一本の線、
    その中を我が物顔で走る無機的な直線、
    それらが流動性とリズム感、
    強い不協和音を生み出し、
    息吹となって、画面は何かを語り始める。
    そんな印象でした。

    DSC00427.JPG

    DSC00428.JPG

    ティランジア

    DSC00430.JPG

    DSC00431.JPG

    作品と部分詳細。

    DSC00432.JPG

    DSC00433.JPG

    DSC00434.JPG




    写真:筆者撮影

    Scan0045.jpg

    Scan0046.jpg

    20180911 鑑賞
    | 印象記 | 05:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3401