CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    紋谷幹男 (03/11)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    shizuokanishino (03/11)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    紋谷幹男 (02/02)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    岡村 光哲 (02/01)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3385 ギャラリー川船(中央区京橋3-3):伊藤幸久展 | main | 3387 ギャラリー椿(中央区京橋3-3):小林裕児展 >>
3386 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):たまびやき展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC00529.JPG

    ギャラリーなつか(中央区京橋3-4)では、たまびやき展。

    DSC00530.JPG

    会場風景。
    多摩美術大学工芸学科(陶専攻)の
    学生選抜5人の作品展です。
    今回が10回目の開催です。

    粘土による成形までは、
    塑像と同じですが、
    施釉、焼成という制作工程を経ることで、
    表現の様相が異なってきます。

    あえて、陶という手段を選ぶことで、
    どれだけ制作上の制約が生まれ、
    どれだけオリジナルな表現を手に入れたかが
    ファインアート系の陶作品の鑑賞ポイントになります。

    個別には
    山田千裕の肌合いのねっとり感、
    千葉洸里の掌の痕跡、
    曽羽勇登の海洋生物っぽい妖しい生っぽさ、
    小山美優の複雑な装飾性、
    岩澤侑葵の白磁ならではの冷たい柔らかさ。
    そんな印象でした。


    DSC00531.JPG

    DSC00532.JPG


    陶器
    山田千裕(YAMADA Chihiro)

    DSC00533.JPG

    DSC00535.JPG

    DSC00534.JPG

    ゆらぐ

    千葉洸里(CHIBA Hikari)

    DSC00536.JPG

    DSC00537.JPG

    DSC00538.JPG

    生受答物

    曽羽勇登(SOWA Yuto)

    DSC00539.JPG

    DSC00540.JPG

    DSC00541.JPG

    DSC00542.JPG

    DSC00543.JPG

    passage
    陶、塩ビ板
    小山美優(KOYAMA Miyu)

    DSC00544.JPG

    DSC00545.JPG

    DSC00546.JPG

    Hyper Artificial Heart
    白磁、ステンレス、アクリル
    岩澤侑葵( IWASAWA Yuki)


    写真:筆者撮影

    Scan0004.jpg

    Scan0005.jpg

    20180925 鑑賞
    | 印象記 | 05:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3406