CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3387 ギャラリー椿(中央区京橋3-3):小林裕児展 | main | 3389 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3):井上雅之展 >>
3388 ギャラリー椿 GT2(中央区京橋3-3):小浦 昇 展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC00566.JPG

    ギャラリー椿 GT2(中央区京橋3-3)では、小浦 昇 展。

    丁寧に描かれたクオリティーの高い風景画ですが、
    当然、風景画で終わっていません。

    風景画で納まらない言葉が、
    これらの作品群のキーワードなのでしょうが、
    筆者には「舞台」のように思われます。
    一見単純明快な風景の中に
    何事かが造形化されています。

    蓄積されている記憶の断片は、
    言葉や形を持ちませんが、
    その中からピックアップしてみたら、
    こんなコンポジションが出来上がった。
    そんな印象でした。


    DSC00567.JPG

    DSC00568.JPG

    DSC00569.JPG

    2匹の白熊

    DSC00571.JPG

    DSC00572.JPG

    赤いコート

    DSC00574.JPG

    DSC00575.JPG

    城跡の公園


    写真:筆者撮影

    Scan0011.jpg

    Scan0012.jpg

    20180925 鑑賞
     
    | 印象記 | 06:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3408