CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3396 ギャラリーQ(中央区銀座1-14):タシロサトミ展 | main | 3398 Oギャラリー(中央区銀座1-4):山崎櫻子展 >>
3397 柴田悦子画廊(中央区銀座1-5):大竹正芳日本画展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞


    DSC00721.JPG

    柴田悦子画廊(中央区銀座1-5)では、大竹正芳日本画展。

    DSC00710.JPG

    DSC00711.JPG

    DSC00712.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、ーNIPPONGERー。

     東京藝術大学絵画科日本画専攻卒の
    品格ある正統派花鳥画を描き続ける
    この若手気鋭の日本画家の作品の発表の場は、
    当然のごとく、百貨店の美術画廊なのですが、
    発表の場がここ、
    日本画のアバンギャルド=柴田悦子画廊となれば、
    「まとも」な日本画で済まされるはずはなく、
    それではと、画家は嬉々として、
    日頃封印していた
    本性、野性を解き放つべく、
    斬新な画法を試みたのでした。

    画家は、歴史(城、鎧兜)好きで、
    古生物好きで、
    漫画好きなのです。


    現代の絵巻物、漫画コマ割り画法を取り入れ、
    自分の好きなアイテムを盛り込んだ
    ストーリーを考え、
    日本画の一ジャンルとしても恥ずかしくない

    (吹き出しがあると余りにも漫画なので、)
    無言劇画を試みています。

    大胆な、今様鳥毛立女も、
    やりたかったテーマだったのでしょう。

    筆力が備われば、
    何をどのように表現するかは、
    画家の思いのまま。
    作品の高揚感は伝播する。
    そんな印象でした。

    DSC00714.JPG

    DSC00715.JPG

    DSC00716.JPG

    NIPPONGER

    DSC00717.JPG

    DSC00718.JPG

    DSC00719.JPG

    鳥毛立女


    写真:筆者撮影

    Scan0031.jpg

    Scan0032.jpg

    20180925

    | 印象記 | 05:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3417