CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3401 ゆう画廊 6F(中央区銀座3-8):丸林時郎展 | main | 3403 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):吉田昌司展 >>
3402 コバヤシ画廊(中央区銀座3-8):細川憲一展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC00795.JPG

    コバヤシ画廊(中央区銀座3-8)では、細川憲一展。

    DSC00781.JPG

    DSC00782.JPG

    DSC00793.JPG

    DSC00789.JPG

    会場風景。

    ガラス釉が一面に掛かったかのような、
    艶、光沢、深い透明感が特徴的です。

    直接観ているのではなく、
    絵画は、水面下や靄の向こうにあったり、
    脳裏で漂う残像のようです。

    それは、描きたい「感じ」はあるものの、
    イメージが結ばれない距離感、
    イメージは形ではないという安心感を生かして、
    乱反射する光として表現しています。

    それは、何かの再現ではなく、
    内界にある美しい存在に向かって浸透していく行為。
    そんな印象でした。


    DSC00783.JPG

    DSC00784.JPG

    DSC00785.JPG

    Kinder Book 動物園

    DSC00786.JPG

    DSC00787.JPG

    DSC00788.JPG

    River

    DSC00790.JPG

    DSC00792.JPG

    カタナノキ


    写真:筆者撮影

    Scan0043.jpg

    Scan0044.jpg

    20180925 鑑賞
    | 印象記 | 05:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3422