CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3402 コバヤシ画廊(中央区銀座3-8):細川憲一展 | main | 3404 Gallery-58(中央区銀座4-4):桑野 進展 >>
3403 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):吉田昌司展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC00796.JPG

    ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4)では、吉田昌司展。

    DSC00797.JPG

    DSC00802.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、
    ーfor a while しばらくの間ー。

    陶による人物像(的オブジェ)。
    群像に迎えられて、
    思わず立ち尽くす感じは、なかなか気持ちのよいものです。

    群像は、
    会場手前、床に並んだ大振りのグループと、
    会場奥、台に並んだ小振りのグループに
    分かれています。

    頭部に対して胴体が異様に大きく、
    頭部のリアルさに対して、
    胴体は筒状にシンプルにディフォルメされています。
    人物は髪型と、全体の柔らかいフォルムで、
    若い女性が想定され、
    彼女らは同じように斜め上を向いています。

    以上が状況説明ですが、
    だからと言って何がどうなっているのか、
    知り様がありません。

    「for a while しばらくの間」

    筆者の主観ですが、
    「しばらくの間」という物言いには、
    日常、習慣を離れる期間の表現の時に
    しっくりするニュアンスがあります。

    しばらくの間お休みをいただきます。みたいな。
    しばらくの間我慢しよう。みたいな。

    斜め上を向いた女性たちは、
    何かに対して一息ついているようです。

    作者のモデリングセンスは、
    独特な雰囲気をもった人物群として表現され、
    そこには肝心な事以外不要なものを削ぎ取った
    意外性のある潔さがあります。
    陶による造形という手段でしか成し得ない
    軽い心地よさが漂っている。
    そんな印象でした。


    DSC00798.JPG

    DSC00799.JPG

    DSC00800.JPG

    Forms

    DSC00803.JPG

    DSC00804.JPG

    Forms

    DSC00805.JPG

    DSC00806.JPG

    Wall

    DSC00808.JPG

    DSC00810.JPG

    DSC00809.JPG

    Forms


    写真:筆者撮影

    Scan0045.jpg

    Scan0046.jpg

    20180925 鑑賞
    | 印象記 | 05:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3423