CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    紋谷幹男 (03/11)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    shizuokanishino (03/11)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    紋谷幹男 (02/02)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    岡村 光哲 (02/01)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3411 国立新美術館(港区六本木7-22):第82回 新制作展・2 | main | 3413 国立新美術館(港区六本木7-22):第82回 新制作展・4 >>
3412 国立新美術館(港区六本木7-22):第82回 新制作展・3
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC00878.JPG

    国立新美術館(港区六本木7-22)では、第82回 新制作展。

    DSC00879.JPG

    第1室会場風景。

    じっくり観て回り、
    印象深かった作品が絵画が25点。
    彫刻が10点でした。

    抽象画がほとんどですが、
    作家たちには高い画力が備わっているので、
    表現手段が自在で、
    様々なレベルの高いアプローチを堪能することができました。

    絵画を、3回に分けて、
    最後に彫刻を、計4回で紹介する、
    絵画の最終回です。

    DSC00933.JPG

    DSC00934.JPG

    DSC00935.JPG

    森で見た夢ー揺り籠
    協友
    奥田善章


    DSC00938.JPG

    DSC00939.JPG

    室内 
    澁谷雅子

    DSC00960.JPG


    DSC00941.JPG

    DSC00942.JPG

    私のVenezia
    藤谷万里子

    DSC00944.JPG

    DSC00945.JPG

    扉 
    加藤寛之

    DSC00961.JPG


    DSC00947.JPG

    DSC00948.JPG

    shoes
    八木佳子

    DSC00950.JPG

    DSC00951.JPG

    田園譜ー野面の風景
    会員
    島橋宗文

    DSC00965.JPG


    DSC00953.JPG

    DSC00954.JPG

    歪む椅子
    会員
    松尾萬里

    DSC00962.JPG

    DSC00963.JPG

    Fiskars
    協友
    丸尾宏一

    DSC00966.JPG

    DSC00969.JPG


    DSC00970.JPG

    DSC00971.JPG

    遅れてきた青年・・・今は雨が降っています
    協友
    星 ゆみ

    DSC00973.JPG

    DSC00974.JPG

    写真:筆者撮影

    Scan0052.jpg

    20180926 鑑賞
    | 印象記 | 05:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3432