CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3412 国立新美術館(港区六本木7-22):第82回 新制作展・3 | main | 3414 Hikarie8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery(渋谷区渋谷2-21渋谷ヒカリエ8F):桑久保徹展 >>
3413 国立新美術館(港区六本木7-22):第82回 新制作展・4
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC00975.JPG

    国立新美術館(港区六本木7-22)では、第82回 新制作展。

    DSC00976.JPG

    彫刻会場風景。

    じっくり観て回り、
    印象深かった作品が絵画が25点。
    彫刻が10点でした。

    再現的な人体像は少ないものの、
    作家たちには高い力量が備わっているので、
    表現手段が自在で、
    様々なレベルの高いアプローチを堪能することができました。

    絵画を、3回に分けて、
    最後に彫刻を、計4回で紹介する、
    最終回です。

    DSC00977.JPG

    DSC00978.JPG

    大地・人
    会員
    池田雅彦

    DSC00980.JPG

    DSC00981.JPG

    静かな夜
    槙 あさ美

    DSC00995.JPG


    DSC00983.JPG

    DSC00984.JPG

    池之端 5-1
    会員
    下川昭宣

    DSC00986.JPG

    DSC00987.JPG

    旅の記憶’18
    会員
    山本正道

    DSC01006.JPG


    DSC00989.JPG

    DSC00990.JPG


    会員
    森田やすこ

    DSC00992.JPG

    DSC00993.JPG

    ちび白の食後
    小駒知美

    DSC01007.JPG


    DSC00996.JPG

    DSC00997.JPG

    響きも無に降りてきた
    会員
    吉村維元

    DSC00999.JPG

    DSC01000.JPG

    沈黙の声
    上田さや子

    DSC01002.JPG

    DSC01014.JPG

    DSC01003.JPG

    DSC01004.JPG

    自宅警備員と犬
    協友
    広瀬 護

    DSC01008.JPG

    DSC01009.JPG

    殻 X
    飯田昌史

    DSC01011.JPG

    DSC01012.JPG

    Bird 3
    会員
    柴田正徳

    DSC01016.JPG



    写真:筆者撮影

    Scan0052.jpg

    20180926 鑑賞
    | 印象記 | 05:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3433