CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3416 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):李佳妮(リ・カジ)展 | main | 3418 彩鳳堂画廊(中央区京橋3-3):泉 東臣展 >>
3417 ギャラリーなつか C−View(中央区京橋3-4):吉永晴彦展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC01098.JPG

    DSC01108.JPG

    DSC01114.JPG

    会場風景。

    シルクスクリーンによる抽象表現。
    と、書きましたが、奥に重なり合うのは葉の様で、
    手前の白く抜けたものは花の様です。
    重なった部分で色が切り替わり、
    不思議な奥行きや動きが生まれています。

    色は淡いトーンで、
    さらに、表面が艶のある膜で覆われているため、
    靄や水面の向こうの出来事、
    あるいは、記憶の残滓の様です。

    形だけを残して、
    様々な状況が消えて、
    作品が心地よい曖昧性を彷徨いだせば、
    鑑賞者は絵だけの世界に入り込んでゆく。
    そんな印象でした。

    DSC01109.JPG

    DSC01110.JPG

    作品と部分詳細。

    DSC01111.JPG

    DSC01112.JPG

    ​作品と部分詳細。


    写真:筆者撮影

    Scan0003.jpg

    Scan0004.jpg

    20181009 鑑賞
    | 印象記 | 05:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3437