CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3417 ギャラリーなつか C−View(中央区京橋3-4):吉永晴彦展 | main | 3419 ギャラリー椿(中央区京橋3-3):武田史子展 >>
3418 彩鳳堂画廊(中央区京橋3-3):泉 東臣展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC01115.JPG

    彩鳳堂画廊(中央区京橋3-3)では、
    泉 東臣(イズミハルオミ)展。

    DSC01116.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、ー美の絶対化ー。

    花鳥風月がモチーフの日本画ですが、
    一般的なそれとは大きく様相が異なります。

    モチーフの再現がモチベーションの一部に残るものの、
    画家の視点とモデリングセンスは、
    画家自身が望む独特な雰囲気を
    画面上に生み出しています。

    そこにはモダニズムに通じる
    不要なものをできるだけ削ぎ取った潔さと、
    狙ったものを執拗に突き詰める強さがあります。

    画家は、現実ではありえない、
    浄化させた世界を作りだしているようです。
    その情景は、刺激的で柔らかく優しく、
    鑑賞者へ、状況設定を委ねてくる。
    そんな印象でした。


    DSC01117.JPG

    DSC01118.JPG

    DSC01119.JPG

    DSC01120.JPG

    爛花饗宴ー秋ー


    DSC01121.JPG

    DSC01122.JPG

    DSC01123.JPG

    DSC01124.JPG

    蒼刻


    DSC01125.JPG

    DSC01126.JPG

    DSC01127.JPG




    写真:筆者撮影

    Scan0005.jpg

    Scan0006.jpg

    20181009 鑑賞
    | 印象記 | 05:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3438