CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3419 ギャラリー椿(中央区京橋3-3):武田史子展 | main | 3421 Gallery Cellar(中央区京橋3-9-2):Circle展 >>
3420 GALLERY.b.TOKYO(中央区京橋3-5):徐凡創作個展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC01178.JPG

    GALLERY.b.TOKYO(中央区京橋3-5)では、
    徐凡(Vega Hsu)創作個展。

    DSC01179.JPG

    DSC01180.JPG

    DSC01188.JPG

    DSC01196.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、ー溜まるということー。

    女性の顔が大きく描かれていますが、
    黒髪に小さな赤い球体が
    大量にへばり付いています。

    もちろん、(例えば)イクラをくっ付けた状態を
    再現的に描いたのではなく、
    赤い粒々は何かの暗示ですが、
    それが内面からにじみ出たのか、
    外的世界からの影響なのか、
    あるいは、自身と空間との間に存在する膜なのか、
    判然としません。

    これらの作品との出会いから「見つける、気づく」ことは、
    画家を含め、鑑賞者の数だけあるのでしょう。

    内面の窓である瞳を、
    あえて弛緩したように表現することで、
    意識していては決して出会うはずのなかったもの。
    生きた「野生」を、
    切り開いて差し出している。
    そんな印象でした。

    DSC01181.JPG

    DSC01182.JPG

    無意識の頃

    DSC01184.JPG

    DSC01185.JPG

    DSC01186.JPG



    DSC01189.JPG

    DSC01190.JPG

    DSC01191.JPG

    集合体間のコミュニケーション

    DSC01193.JPG

    DSC01194.JPG

    意識を覆っている


    写真:筆者撮影

    Scan0011.jpg

    Scan0012.jpg

    20181009 鑑賞

     
    | 印象記 | 05:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3440