CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3426 巷房1(中央区銀座1-9):村田篤美展 | main | 3428 藍画廊(中央区銀座1-5):藍川三悠記展 >>
3427 ギャラリーゴトウ(中央区銀座1-7):森本秀樹展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC01295.JPG

    ギャラリーゴトウ(中央区銀座1-7)では、森本秀樹展。

    DSC01296.JPG

    会場風景。

    画面全体が柔らかく淡い色点の集合のようで、
    靄の向こうか、記憶の彼方か、
    とにかく、そのままをそのままに
    あからさまに描くのではなく、
    私には、こう見えた気がする、といった、
    独り言のような絵画。

    形の面白味が発想の起点になっているようで、
    その形だけは、消えそうで消えずに残こしています。

    深みのある色はひとつひとつ重ねられ、
    それぞれが響きあいます。
    けれどその総ては全体感のもとに制御され、
    画面は静けさをたたえ、
    鑑賞者をそれぞれの記憶の世界へと誘う。
    そんな印象でした。

    DSC01297.JPG

    DSC01298.JPG

    九島

    DSC01300.JPG

    DSC01301.JPG

    山合いの田畑

    DSC01303.JPG

    DSC01304.JPG

    旧水源地

    DSC01306.JPG

    DSC01307.JPG

    雨のドッグ

    DSC01309.JPG

    DSC01310.JPG

    SUZU

    DSC01312.JPG

    DSC01313.JPG

    堤防の上の錨


    写真:筆者撮影

    20181009 鑑賞
    | 印象記 | 05:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3447