CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3431 OギャラリーUP・S(中央区銀座1-4):関 雅治展 | main | 3433 Gallery-58(中央区銀座4-4):さかい ようこ展 >>
3432 コバヤシ画廊(中央区銀座3-8):谷口広樹展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC01370.JPG

    コバヤシ画廊(中央区銀座3-8)では、谷口広樹展。

    DSC01371.JPG

    DSC01375.JPG

    DSC01380.JPG

    会場風景。

    展覧会タイトルは、
    ー猿に観えていることー。

    絵の前に立つと、あるいは絵に囲まれると、
    理解に対する興味は消え失せ、
    絵を全身で体感するモードに切り替わります。

    絵の空間は、
    画家が意識下に生まれたイメージを、
    絵具で描くという、
    イメージの実態とはかけ離れた手続きによって起ってしまう
    偶然性が前提です。

    それなので、画家は、出来るだけ
    具体的に描かずに表現するという手段を
    試みています。

    その結果として、絵画は閉じることなく、
    限定することなく、
    鑑賞者への発言として開かれている。

    そんな印象でした。

    DSC01372.JPG

    DSC01373.JPG

    DSC01374.JPG

    空のずーっと上の方

    DSC01376.JPG

    DSC01377.JPG

    なんでもないところに光はころがっている

    DSC01378.JPG

    DSC01379.JPG

    誰でも平等に闇は訪れる

    DSC01381.JPG

    DSC01382.JPG

    DSC01383.JPG

    だんだんよくなるかもしれないね


    写真:筆者撮影

    Scan0040.jpg

    Scan0041.jpg

    20181009 鑑賞
    | 印象記 | 05:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3452