CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3437 国立新美術館(港区六本木7-22):第86回独立展・2 | main | 3439 国立新美術館(港区六本木7-22):第72回二紀展・2 >>
3438 国立新美術館(港区六本木7-22):第72回二紀展・1
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞

     


    DSC01893.JPG
     

     

    国立新美術館(港区六本木7-22)では、第72回二紀展。

    以下二紀会HPの、
    創設歴史より抜粋転記。

    旧二科会会員であった
    熊谷守一、栗原信、黒田重太郎、田村孝之介、
    中川紀元、鍋井克之、正宗得三郎、宮本三郎、横井礼市、
    の9名は、旧二科会の活動を第一期とし、
    戦後新しく第二の紀元を画する意図のもと
    1947年(昭和22年)、第二紀会を創立した。


    以下、二紀会主張より転記。

    美術の価値を流派の新旧に置かず、
    皮相の類型化を排する。

    具象・非具象を論じない。

    流行によって時代を誤ることを極力避ける。

     

    真に新たな価値を目指し、
    創造的な個性の発現を尊重する。

     

    情実を排しつつ新人を抜擢し、
    これを積極的に世に送ることに努める。

    DSC01894.JPG


    第1室 会場風景。

    鍛えられた堅実な画力。高いレベルの作品群。
    大掴みな印象ですが、
    同時開催の独立展に比べて、
    込められた物語性が強く漂い、
    それを共有できる絵画鑑賞としての
    心地よさが感じられました。


    筆者が特に気になった絵画19点と、
    彫刻7点を紹介します。

    1回目は、絵画前半9作品の紹介です。

    DSC01895.JPG

    DSC01896.JPG

    時を綴る
    準会員
    桶田洋明

    DSC01898.JPG

    DSC01899.JPG

    スタンバイ
    会員
    濱田尚吾

    DSC01910.JPG

    DSC01901.JPG

    DSC01902.JPG

    Seeding
    会員
    株田昌彦

    DSC01904.JPG

    DSC01905.JPG

    蟷螂の独つおる
    委員
    永田義信

    DSC01911.JPG

    DSC01907.JPG

    DSC01908.JPG

    明日はきっと・・・
    委員
    大槻和浩

    DSC01912.JPG

    DSC01913.JPG

    IGITUR XX
    委員
    神近 昭

    DSC01949.JPG

    DSC01916.JPG

    DSC01917.JPG

    それでも時は流れる
    委員
    赤羽カオル

    DSC01919.JPG

    DSC01920.JPG

    Otonomie<umi>
    委員
    藤原 護

    DSC01953.JPG

    DSC01922.JPG

    DSC01923.JPG

    渓声
    会員
    上田保隆

    DSC01993.JPG

    写真:筆者撮影



    20181017 鑑賞

     

    | 印象記 | 05:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3458