CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 見てきた展覧会一覧(画廊別 あ・か行)・2018 | main | 3447 SILVER SHELL(中央区京橋2-10):宮永春香展 >>
3446 アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5): 山嵜雷蔵展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC02084.JPG

    アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5)では、 山嵜雷蔵展。

    DSC02066.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、ーEATHBOUND ー。

    ベックリン、フリードリヒあたりの、
    ロマン主義の画家の作品が思い浮かびます。

    一見、再現的に描かれた風景ですが、
    作家の内面を見つめ、想像力を開放しています。
    結果、訪れることができないが、
    どこかにあるに違いない、という、
    ぞくっとした予感を誘います。

    重量感あるマチエール、刻まれた痕跡などが、
    作者の情念と置き換わるように、
    力を生み出しています。
    劇的な構成による緊張感に満ちた画面のなかに、
    叙情的な調べが渡ります。

    形態や色、装飾的要素が錯綜する混乱の先に、
    独自の絵画的豊かさが漂う。
    そんな印象でした。

    DSC02067.JPG

    DSC02068.JPG

    DSC02069.JPG

    Earthbound#4

    DSC02071.JPG

    DSC02072.JPG

    DSC02073.JPG

    DSC02074.JPG

    流言の像#3

    DSC02076.JPG

    DSC02077.JPG

    DSC02078.JPG

    Earthbound#3

    DSC02081.JPG

    DSC02082.JPG

    流言の像#4


    写真:筆者撮影

    Scan0005 (2).jpg

    Scan0006 (2).jpg

    20181023 鑑賞
    | 印象記 | 05:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3466