CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3450 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):平塚良一展 | main | 3452 銀座K's Galleryーan(中央区銀座1-13):奥州谷啓子展 >>
3451 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):竹内幸子展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞




    DSC02177.JPG

    銀座K's Gallery(中央区銀座1-13)では、竹内幸子展。

    DSC02178.JPG

    会場風景。

    絵としての「落としどころ」が独特です。
    一見、純度の高い抽象表現ですが、
    作品の中にそれとわかるアイコンが忍ばせてあって、
    見る側がある努力をすれば、
    メッセージを読み取ることが可能です。

    有機的な抽象とも呼びたくなる作品には、
    生きる者のもつ力、生きている空間、
    あるいはその不思議さが、
    混乱の中に造形化されています。
    綺麗にすっきりまとめようとすれば、
    かえって言葉が弱まるようです。

    生気は意外なところに宿る。
    そんな印象でした。

    DSC02179.JPG

    DSC02180.JPG

    DSC02181.JPG

    じゃあ、またネ

    DSC02183.JPG

    DSC02184.JPG

    じゃあ、またネ

    DSC02185.JPG

    DSC02186.JPG

    DSC02187.JPG

    Boxから生まれたBaby

    DSC02189.JPG

    DSC02190.JPG

    カトマンズの情景

    DSC02192.JPG

    DSC02193.JPG

    You want it DARKET
    (レナード・コーエンに捧ぐ)



    写真:筆者撮影

    Scan0018.jpg

    Scan0019.jpg

    20181023 鑑賞

     
    | 印象記 | 04:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3470