CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3453 ギャラリーQ(中央区銀座1-14):のせ みを展 | main | 3455 藍画廊(中央区銀座1-5):オオワダノリコ展 >>
3454 巷房1+巷房2+階段下(中央区銀座1-9):古川仁史展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC02223.JPG

    巷房1+巷房2+階段下(中央区銀座1-9)では、古川仁史展。

    DSC02233.JPG

    階段下(左手)、巷房2(右手)会場風景。
    展覧会タイトルは、ー
    colored map No87ー。

    基材が単体の矩形ではなく、
    平行四辺形や、楕円、三角で、
    それら数枚の組み合わせなっています。
    さらに画面はいくつかに分断され、
    それぞれの区画には異なる作品が配置されています。

    作品の内容は、
    写真や、地図、文字のコラージュで、
    さらに手描きのドローイングが重ねられています。

    以上が状況説明ですが、
    会場で作品に囲われた感覚は、
    ノイズだらけという賑やかさはなく、
    都市の喧騒が意外に心地よい、
    といった感覚に近いものがあります。

    集められた情報群は元の意味や役割を失い、
    単なる美的構成要素として、
    作品のなかにおさまっています。

    意味や役割を失うかわりに、
    何らかの普遍性を獲得し、
    それは物質性といったものですが、
    画家の美的構築におけるドライな記号として、
    新しい言葉を語り始める。
    そんな印象でした。

    DSC02224.JPG

    巷房2会場風景。



    DSC02225.JPG

    DSC02226.JPG

    DSC02227.JPG

    DSC02228.JPG

    DSC02229.JPG

    DSC02230.JPG

    DSC02231.JPG

    DSC02232.JPG

    DSC02237.JPG

    DSC02238.JPG



    DSC02239.JPG

    DSC02241.JPG

    巷房1会場風景。

    DSC02240.JPG

    DSC02243.JPG


    写真:筆者撮影

    Scan0024.jpg

    Scan0025.jpg

    20181023 鑑賞
    | 印象記 | 05:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3474