CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3456 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):北村真行展 | main | 3458 Oギャラリー(中央区銀座1-4):ササキ永利子展 >>
3457 柴田悦子画廊(中央区銀座1-5):森田晴樹展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC02272.JPG

    柴田悦子画廊(中央区銀座1-5)では、森田晴樹展。

    DSC02273.JPG

    DSC02274.JPG

    会場風景。

    彼岸花といえば、
    秋に、川の土手や、田んぼの畦道などに、
    真っ赤に群れ咲いている風景が思い浮かびますので、
    この作品のように、白く群れ咲く様子には、
    意外性がありますが、
    実は、白い彼岸花もあるそうです。

    淡い灰色の背景と、
    白く発色するような艶かしい白色との対比に目を奪われます。
    艶かしいのは赤なので、
    白色にそんな妖しさを宿らせる画力に感心します。

    色種を増やすのではなく、
    限られた色を幾層にも重ねることで、
    それぞれが深く響きあいます。

    雪・月・花
    定番のモチーフですが、
    そもそも「雪・月・花」の何が
    琴線に触れるのか。
    この日常に共にある幸いは、
    画家の感性によって、特別な形に置き換えられ、
    観る人を別の世界へ誘う。
    そんな印象でした。

    DSC02275.JPG

    DSC02276.JPG

    DSC02277.JPG

    白彼岸花

    DSC02278.JPG

    雪・月・花

    DSC02279.JPG

    DSC02280.JPG



    DSC02281.JPG



    DSC02282.JPG



    DSC02285.JPG


    写真:筆者撮影

    Scan0030.jpg

    Scan0031.jpg

    20181023 鑑賞
    | 印象記 | 05:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3477