CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3457 柴田悦子画廊(中央区銀座1-5):森田晴樹展 | main | 3459 OギャラリーUP・S(中央区銀座1-4):星野留美展 >>
3458 Oギャラリー(中央区銀座1-4):ササキ永利子展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC02286.JPG

    Oギャラリー(中央区銀座1-4)では、ササキ永利子展。

    DSC02287.JPG

    DSC02288.JPG

    会場風景。

    柔らかそうで、しなやかな肢体の哺乳類が、
    心地よさげに丸まっています。

    不思議な事に手足の先は、
    人間にそっくりで、
    手足の長さのバランスや、ポーズそのものも、
    人間を思わせます。
    さらに、全体のイメージは若い女性を連想させます。

    拙宅の犬もまあ、こんな感じで
    終日過ごしています。
    寝転ぶスタイルは、
    日向ぼっこや、ソファーの上、夜中の熟睡時、
    などのバリエーションがありますが、
    それぞれ、ごく自然な感じです。

    そんな、楽になりたい、という欲望に根ざした
    最も根源的な表現ともいえる所作は、
    物理的な重力をはじめ、精神的な重力からの
    解放への希求の現れです。

    そこに人を重ねることで、
    日常では現れない、隠し持っていた「野生」が、
    何気ない手法で差し出されています。

    何かを望んだり思ったりしている自身、
    姿形ではない自身の存在を、
    確かなものとして感じ取ろうとしている。
    そんな印象でした。


    DSC02289.JPG

    DSC02290.JPG

    DSC02291.JPG

    まんぷく

    DSC02293.JPG

    DSC02294.JPG

    明日ははれかな

    DSC02296.JPG

    DSC02297.JPG

    しまうまあおい



    写真:筆者撮影

    Scan0032.jpg

    Scan0033.jpg

    20181023 鑑賞
    | 印象記 | 05:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3478