CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3459 OギャラリーUP・S(中央区銀座1-4):星野留美展 | main | 3461 Gallery-58(中央区銀座4-4):鍵井保秀展 >>
3460 コバヤシ画廊(中央区銀座3-8):庄子和宏展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC02313.JPG

    コバヤシ画廊(中央区銀座3-8)では、庄子和宏展。

    DSC02315.JPG

    会場風景。

    緑系の色彩がベースの、
    早い動きのストロークの抽象表現に見えますが、
    それぞれの作品には、
    四つん這いになる人が手を伸ばして
    球を取ろうとしている様子が、
    微かに認めることができます。

    作品名は全て共通の「忘れた絵の具」。

    最初のモチーフの形が崩れて、
    絵画全体の中に埋没していくスタイルの
    抽象表現は珍しくありませんが、
    このように明確な意思の伴う
    一風変わった具体的な動作をモチーフにする
    というモチベーションはかなり独特です。

    画面は油絵具の積層ですが、
    そこから人の姿や手の動きなど、
    具体的なイメージが徐々に浮かび上がってきます。
    無理な体制からボールとなんとか取ろうとする、
    困難な状況における意思というか、執着が現れます。

    無防備に、
    絵具の積層としての抽象画と向かい合っていたら、
    妙な状況に出会ってしまった。
    それらは物質としての絵具の成せる技ですが、
    そこには、いきなり内面世界を拓く神秘がある。
    そんな印象でした。


    DSC02314.JPG

    DSC02317.JPG

    DSC02318.JPG

    作品と部分詳細。

    DSC02319.JPG

    DSC02320.JPG

    DSC02321.JPG

    ​作品と部分詳細。


    写真:筆者撮影

    Scan0036.jpg

    Scan0037.jpg

    20181023 鑑賞
    | 印象記 | 05:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3480