CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3461 Gallery-58(中央区銀座4-4):鍵井保秀展 | main | 3463 hpgrp GALLERY TOKYO(港区南青山5-7-17):伊藤桂司・久保田珠美展 >>
3462 StepsGallery(中央区銀座4-4):相澤秀人展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC02323.JPG

    StepsGallery(中央区銀座4-4)では、相澤秀人展。

    DSC02344.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、−LOOSE GOALー。

    合板でシンプルなフォルムを成形し、
    部分的に着色しています。

    作品は、作家のメッセージの具現化の様ですが、
    「絵解き」感覚で楽しめます的な、
    わかりやすい、
    トリックアートの巨匠、福田繁雄にはなっていません。
    なぜなら、
    お互いが歩み寄れるように準備された理屈がないからです。

    例えば「Union」は曲者で、
    平たい立方体と円柱が、
    円柱の中心線を底辺に合わせ、
    二つの底面を同面にしてかみ合う、

    何やら確信めいた幾何学的整合性があり気な形態なのに、
    これはないだろうという、投げやりな感じで、
    斜めに倒して展示されています。

    理屈がないので、理解できる安心感がないかわりに、

    鑑賞者は、現実(作品)そのものとの自由な対話が
    可能になり、
    確かに作品は作品の言葉で語りかけている。
    そんな印象でした。

    DSC02352.JPG

    DSC02355.JPG

    Union

    DSC02347.JPG

    Dynamo

    DSC02349.JPG

    DSC02350.JPG

    Ecology of liquid 1

    DSC02345.JPG

    Ecology of liquid 2

    DSC02337.JPG

    Trust

    DSC02339.JPG

    DSC02341.JPG

    Rest

    DSC02342.JPG

    Geometry of liquid


    写真:筆者撮影

    Scan0040.jpg

    Scan0041.jpg

    20181023 鑑賞
    | 印象記 | 05:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3482