CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展 | main | 3467 彩鳳堂画廊(中央区京橋3-3):小作青史 油彩展 >>
3466 ギャラリーなつか C−View(中央区京橋3-4):岡田育美展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞




    DSC02626.JPG

    ギャラリーなつか C−View(中央区京橋3-4)では、
    岡田育美展。

    DSC02638.JPG

    会場風景。

    木版画による心象が滲む風景画。

    川や湖の対岸の夜景。
    遠い風景、水面への映り込み、
    闇に浮かび上がる明かり。
    昼間見るのとは全く異なる、
    闇に浄化された、水の反射に増幅された別世界です。

    木版画という手段でなければ得られない、
    柔らかで温かい色調が、
    そんな特別な状況の「感じ」を、
    創り出しています。

    建物のくっきりとした形は、
    凸版で、
    波の表情は、木目を生かした平版で、
    光彩の淡い円は、版木の裏側を彫ったプレス平版で。
    それら、高度な技法の組み合わせが、
    この奥深い画面を生み出しています。


    光と反射の織りなす静寂な世界は、
    実は何処にでもある風景なのに、
    得難い、非日常的な世界が再発見されている。
    そんな印象でした。

    DSC02639.JPG

    DSC02640.JPG

    作品と部分詳細。

    DSC02641.JPG

    DSC02642.JPG

    DSC02643.JPG

    DSC02644.JPG

    作品と部分詳細。

    DSC02645.JPG

    DSC02646.JPG

    作品と部分詳細。


    写真:筆者撮影

    Scan0003.jpg

    Scan0004.jpg

    20181106 鑑賞
    | 印象記 | 05:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3486