CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3468 LIXILギャラリー GALLERY3(中央区京橋3−6):板橋廣美展 | main | 3470 GALLERY.b.TOKYO(中央区京橋3-5):藤巻春恵個展 >>
3469 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3):川島 清展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞

     


    DSC02686.JPG

    ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3)では、川島 清展。

    DSC02687.JPG

    DSC02695.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、ー鉛の記憶ー。

    会場には同一サイズの鉛板が、
    壁面に均等に配置されています。

    遠目は鉛板そのものですが、
    近くに寄れば、小さな隆起の重なりや、
    インクによる着色など、
    作家の手による加工が確認できます。

    鉛板という素材が本来持っている価値は、
    主に工業製品として発揮されますが、
    このギャラリー空間では、
    裁断され、加工を施され、展示されるることで、
    新たな価値(意味)が提示されます。
    作品は、何かが再現された世界ではなく、
    ※具体的な事象はもちろん、イメージも含めて。
    再現が目的ではないということは、
    表現を目的とする美術ではなく、
    ひたすら、鉛の自立を試みているのかもしれません。
    作家の手による加工は、
    鉛の自由な動きの翻訳なのでしょうか。

    鉛の強度が、

    描くことでは簡単に表せない世界を表出させている。
    そんな印象でした。

    DSC02688.JPG

    DSC02689.JPG

    DSC02690.JPG

    DSC02691.JPG

    DSC02692.JPG

    DSC02693.JPG

    DSC02694.JPG


    写真:筆者撮影

    Scan0043.jpg

    Scan0044.jpg

    20181106 鑑賞
    | 印象記 | 05:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3489