CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3469 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3):川島 清展 | main | 3471 南天子画廊(中央区京橋3-6):箱嶋泰美展 >>
3470 GALLERY.b.TOKYO(中央区京橋3-5):藤巻春恵個展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC02696.JPG

    GALLERY.b.TOKYO(中央区京橋3-5)では、藤巻春恵個展。

    DSC02697.JPG

    DSC02698.JPG

    DSC02702.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、ー承知の上ー。

    銅版画による若い女性像。
    奇妙なまでに無表情ですが、
    心象風景が強く現れます。

    「承知の上」とは、
    事情は分かってますよ、
    分かった上で敢えてやっているのです。
    そんなニュアンスで使います。

    版画家は、
    キャスティングし、特殊メークを施し、振付をして、
    ある場面を組み立ててゆきます。
    それは作家の、画面に込める気持ちが
    足し算のように集まって、
    言葉にならない言葉になっています。

    絵の前に立つ人は、
    図像の理解というよりも、
    第三者との関係が前提となる、
    日常生活の重さと滑稽さを直接体感する。
    そんな印象でした。

    DSC02699.JPG

    DSC02700.JPG

    DSC02701.JPG

    承知の上

    DSC02703.JPG

    DSC02704.JPG

    口裏合わせ

    DSC02705.JPG

    口内炎 

    DSC02707.JPG

    DSC02708.JPG

    通りゃんせ

    DSC02711.JPG

    くちなし


    写真:筆者撮影

    Scan0005.jpg

    Scan0006.jpg

    20181106 鑑賞
    | 印象記 | 05:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3490