CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3472 art space kimura ASK?(中央区京橋3-6):伊原乙彰展 | main | 3474 ギャラリー檜 C(中央区京橋3-9):畠山康子展 >>
3473 ギャラリー檜 B(中央区京橋3-9):今村直彦展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC02786.JPG

    ギャラリー檜 B(中央区京橋3-9)では、今村直彦展。

    DSC02787.JPG

    会場風景。

    画面は上下、二色に分割されています。
    それが何なのか、明確には判断できませんが、
    上に伸びる複数の線が描かれています。
    画面全体は、厚みある複雑な筆跡で覆われていて、
    色種は、多くを占める青系と、上端の白系のみです。
    色の境目は水平線のようで、その下は、
    大地ではなく、海のようなイメージがあります。

    海の記憶を表そうとするものの、
    コントロールしきれない絵の具の厚み、重なりは、
    自然現象にも似た偶然の働きで、
    絵画を海の再現ではなく、絵画そのものへと誘導します。

    絵画の表面は、
    絵具というテクスチャーではなく、
    色の関係として出現しています。

    要素を削るだけ削って、
    関係はより複雑に深めながら、
    限りない広さの感覚を獲得している。
    そんな印象でした。

    DSC02788.JPG

    DSC02789.JPG

    DSC02790.JPG

    作品と部分詳細。

    DSC02791.JPG

    DSC02792.JPG

    作品と部分詳細。

    DSC02793.JPG

    DSC02794.JPG

    作品と部分詳細。

    DSC02795.JPG

    DSC02796.JPG

    作品と部分詳細。


    写真:筆者撮影

    Scan0013.jpg

    Scan0014.jpg

    20181106 鑑賞
    | 印象記 | 05:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3493