CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3475 ギャラリー檜 e(中央区京橋3-9):中西はるみ展 | main | 3477 GalleryK(中央区京橋3-9):「並考」展・1 >>
3476 ギャラリー檜 F(中央区京橋3-9):穴澤 誠 展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC02742.JPG

    ギャラリー檜 F(中央区京橋3-9)では、穴澤 誠 展。

    DSC02743.JPG

    会場風景。

    展覧会タイトルは、ーwhen oxidationー。

    古代の遺跡から発掘された石碑といった趣。
    意味不明の数字の列が刻印された
    厚みのある石板が、​
    部分的に欠損しているものの、
    割れた状態で出てきた。
    四角い凹みは「ほぞ穴」のように、
    かつて、何かが
    嵌合していたならば、
    建築物の一部だったのか・・・。
    のような、妄想を誘います。

    もう一方の、干上がった湖底のような作品にも、
    数字の列が確認できますので、
    かつての営みが、
    干上がるという自然現象によって、
    図らずも、久方振りに出現した・・・。
    のような感じでしょうか。

    作品は、何かを繋ぎ止め、
    何かが立ち現れるモニュマン性を体現しています。
    これは、二次元の凍結したドラマだな。
    そんな印象でした。

    DSC02744.JPG

    DSC02745.JPG

    DSC02746.JPG

    作品と部分詳細。

    DSC02748.JPG

    DSC02747.JPG

    DSC02749.JPG

    DSC02750.JPG

    ​作品と部分詳細。

    DSC02751.JPG

    DSC02752.JPG

    ​作品と部分詳細。

    DSC02753.JPG

    DSC02754.JPG

    DSC02755.JPG

    DSC02756.JPG

    DSC02757.JPG

    DSC02758.JPG

    ​作品と部分詳細。


    写真:筆者撮影

    Scan0009.jpg

    Scan0010.jpg

    20181106 鑑賞
    | 印象記 | 05:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3496