CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3477 GalleryK(中央区京橋3-9):「並考」展・1 | main | 3479 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):坪内嘉緒里展 >>
3478 GalleryK(中央区京橋3-9):「並考」展・2
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    GalleryK(中央区京橋3-9)では、「並考」展。

    DSC02807.JPG

    DSC02808.JPG

    会場風景。
    田部井 勤と、鍋島正世の二人展。

    それぞれの作品は
    単独で充分な見応えがありましたので、
    並列による効果を語れない代わりに、
    別々に分けて紹介します。

    田部井 勤の作品。

    和紙に周囲がにじむ墨の面があり、
    漢字が墨書され、
    四角く切り取られた金箔が押されています。

    抽象絵画の範疇ですが、
    この画面の中に、ある状況(近いイメージとしては枯山水)
    を創造しているようです。
    発想としては、
    描くのではなく、関係や偶然による場面の構築。
    背景(和紙)は無限空間で、
    そこに図像、記号を浮遊させ、
    独特のイメージをつくっています。

    表現しすぎると逆に消えてゆく、際どい実感。
    そんな印象でした。

    DSC02809.JPG

    DSC02810.JPG

    作品と部分詳細。

    DSC02813.JPG

    DSC02814.JPG

    DSC02815.JPG

    作品と部分詳細。

    DSC02818.JPG

    DSC02819.JPG

    作品と部分詳細。

    DSC02823.JPG

    DSC02825.JPG

    作品と部分詳細。


    写真:筆者撮影

    Scan0052.jpg

    Scan0053.jpg

    Scan0050.jpg

    Scan0051.jpg

    20181106 鑑賞
    | 印象記 | 05:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3498