CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3478 GalleryK(中央区京橋3-9):「並考」展・2 | main | 3480 ギャラリーQ(中央区銀座1-14):長谷川 真次展 >>
3479 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):坪内嘉緒里展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞

     


    銀座K's Gallery(中央区銀座1-13)では、坪内嘉緒里展。

    DSC02840.JPG

    DSC02828.JPG

    会場風景。

    純然たる抽象表現なのですが、
    風景というか、
    朝日のまぶしさや、夕日の温かさ、
    木漏れ日の不思議さといった、
    風景からの刺激の絵画化といったイメージ。

    画家は現実を浄化させた自らの世界を作りだそうとしていますが、
    それは美しいだけではなく、
    厳しさ、鋭さも併せ持ち、
    そんなニュアンスが幾層にも重ねられ、
    それぞれが響きあいます。

    作品の前で、鑑賞というよりも、
    ここに身を置く、感覚を味わう。
    そんな印象でした。

    DSC02829.JPG

    DSC02830.JPG

    作品と部分詳細。

    DSC02832.JPG

    DSC02833.JPG

    DSC02834.JPG

    作品と部分詳細。

    DSC02835.JPG

    DSC02836.JPG

    DSC02837.JPG

    作品と部分詳細。

    DSC02838.JPG

    DSC02839.JPG

    作品と部分詳細。


    写真:筆者撮影

    Scan0017.jpg

    Scan0018.jpg

    20181106 鑑賞
    | 印象記 | 05:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3499