CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3487 藍画廊(中央区銀座1-5):池原浩子展 | main | 3489 ゆう画廊(中央区銀座3-8):重田園子 個展 >>
3488 Oギャラリー(中央区銀座1-4):相場佐千子展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    Oギャラリー(中央区銀座1-4)では、相場佐千子展。

    DSC02974.JPG

    DSC02975.JPG

    会場風景。

    コラージュとして貼られた地図や雑誌の切り抜き。
    その上を走り回る太い筆跡。
    強い色がぶつかり合うことによる、
    色と色のバランス、関係、繋がりと反発。
    それらの総体として、
    画面は息づき、何かが始まります。

    絵の具という物質と、雑誌や地図という印刷物を使い、
    目に見えないものを捉えて、
    可視化しようとしています。

    小気味よく画面に展開した色面は、
    相互が呼応することによって結び付き、
    画面には独特なエネルギーが生み出されている。

    そんな印象でした。

    DSC02976.JPG

    DSC02977.JPG

    DSC02978.JPG

    時を駆ける

    DSC02980.JPG

    DSC02981.JPG

    DSC02982.JPG

    開かれた窓

    DSC02984.JPG

    DSC02985.JPG

    DSC02986.JPG

    地のこえ

    DSC02988.JPG

    DSC02989.JPG

    流転


    写真:筆者撮影

    Scan0033.jpg

    Scan0034.jpg

    20181106 鑑賞
    | 印象記 | 05:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3508