CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3493 ギャラリー川船(中央区京橋3-3):菅 創吉 展 | main | 3495 ギャラリーなつか C−View(中央区京橋3-4):阿部アヤ展 >>
3494 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):下村美佳展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC03441.JPG

    ギャラリーなつか(中央区京橋3-4)では、下村美佳展。

    DSC03442.JPG

    DSC03451.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、ー光の波動ー。

    ある場所で体感したことを、
    写真ではなく、
    あえて、絵画というイリュージョンで表現する目的は、
    その場に立ち会った時の感覚という、
    姿形を持たないものを、
    あたかもその場に立ち会っているかのような
    臨場感として表現することと思われます。


    表現は抽象的になりますが、
    神社の境内という神域を構成する、
    樹木のもつ力、気の流れ、
    それらの総体としてのエネルギーが、
    この強い光に包まれた色の集合の中に造形化されています。

    画家は、鋭い感性を持つ色彩家です。
    輝く白と、美しい色が生命感そのものとして、
    強い波動を放射している。
    そんな印象でした。

    DSC03452.JPG

    DSC03453.JPG

    光の波動・穂高神社

    DSC03443.JPG

    DSC03444.JPG

    光の波動・九頭龍神社

    DSC03447.JPG

    DSC03448.JPG

    DSC03449.JPG

    光の波動・上賀茂神社


    写真:筆者撮影

    Scan0003.jpg

    Scan0004.jpg

    20181120 鑑賞
    | 印象記 | 05:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3514