CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3497 ギャラリー椿 GT2(中央区京橋3-3):牧野 永美子 彫刻展 | main | 3499 ギャルリー東京ユマニテ bis(中央区京橋3-5-3):外久保恵子写真展 >>
3498 アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5): 菊地雅文展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC03489.JPG

    アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5)では、菊地雅文展。

    DSC03490.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、ージャポニスムスムー。

    ジャポニスムスム・・・スムスム?。

    抽象表現ながら全体の構図をかなり意識していたり、
    パターン化されたパーツによる装飾性であったり。
    そんな特徴で、琳派が連想されます。

    内面で沸き起こるの出来事ではなく、
    画家が日常生活で見たり感じたりする実態の、
    見たり感じたりした意味を、

    表層的な有り様を超えて、
    抽出して具現化しようとしています。

    その過程で、実態が溶け切らずに断片が残っていたり、
    幾何学模様に置き換わっている様子が
    絵画という行為の面白味を感じさせてくれます。

    感じたという記憶は、
    実際は不確かなことなのだが、
    確かなものとして残そうとしている。
    そんな印象でした。


    DSC03491.JPG

    DSC03492.JPG

    庭先の冠

    DSC03494.JPG

    DSC03495.JPG

    田舎道

    DSC03497.JPG

    DSC03498.JPG

    晴れた窓辺

    DSC03500.JPG

    DSC03501.JPG

    夕暮れのまどより

    DSC03503.JPG

    DSC03504.JPG

    3羽の小鳥


    写真:筆者撮影


    Scan0011.jpg

    Scan0013.jpg

    Scan0012.jpg

    20181120 鑑賞
    | 印象記 | 05:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3518