CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3501 ギャラリー麟(中央区京橋2-6):山田正亮 初期小品展 | main | 3503 GalleryK(中央区京橋3-9):石田敦也展 >>
3502 SILVER SHELL(中央区京橋2-10):キム ホノ展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC03537.JPG

    SILVER SHELL(中央区京橋2-10)では、
    キム ホノ(Kim Hono)展。

    DSC03538.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、「とある風景ーケイカ」。

    陶芸家による平面作品という、
    バイアスのかかった見方ではなく、
    純粋な抽象表現として楽しんだほうがよさそうです。

    画面に深い凹凸があり、
    凹んだ部分が地面や街路のようにみえて、
    この画面のなかに
    「場所」が創造されているようです。
    場所は場面を連想させ、
    未知の混沌としたイメージが、
    目前にあらわれているように感じられます。
    色は使われず、微妙なテクスチャーの変化や陰影により、
    静かな営みが予感されます。

    山水画のような趣だな。
    そんな印象でした。

    DSC03539.JPG

    DSC03540.JPG

    作品と部分詳細。

    DSC03541.JPG

    DSC03544.JPG

    DSC03542.JPG

    DSC03543.JPG

    ​作品と部分詳細。

    DSC03545.JPG

    DSC03546.JPG

    ​作品と部分詳細。

    DSC03547.JPG

    DSC03548.JPG


    写真:筆者撮影

    Scan0016.jpg

    Scan0017.jpg

    20181120 鑑賞
    | 印象記 | 05:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3522