CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3504 ギャラリー新居東京(中央区銀座1-13-4):マツモトヨーコ展 | main | 3506 巷房1+巷房2+階段下(中央区銀座1-9):象山隆利展 >>
3505 ギャラリーQ(中央区銀座1-14):林正伸 展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC03581.JPG

    ギャラリーQ(中央区銀座1-14)では、林 正伸展。

    DSC03582.JPG

    DSC03583.JPG

    会場風景。

    様々なスタイルの抽象表現ですが、
    線が画面の核になっていることが、
    共通点として認識できます。

    そもそも形を持たないので、
    見ることが不可能な対象を、
    線の動きの中から見出しているようです。
    そんな、生み出す運動感がそのものが作品を見る驚きになります。
    偶然出てきた驚きは、
    それを見つける画家、
    反応する観る側によって絵画になる。
    そんな印象でした。

    DSC03584.JPG

    DSC03585.JPG

    作品と部分詳細。

    DSC03586.JPG

    DSC03587.JPG

    作品と部分詳細。

    DSC03588.JPG

    DSC03589.JPG

    作品と部分詳細。

    DSC03590.JPG

    DSC03591.JPG

    作品と部分詳細。

    DSC03592.JPG

    DSC03593.JPG

    作品と部分詳細。


    写真:筆者撮影

    Scan0023.jpg

    Scan0024.jpg

    20181120 鑑賞
    | 印象記 | 05:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3525