CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3506 巷房1+巷房2+階段下(中央区銀座1-9):象山隆利展 | main | 3508 Oギャラリー(中央区銀座1-4):小屋哲雄展 >>
3507 藍画廊(中央区銀座1-5):浅川洋展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC03613.JPG

    藍画廊(中央区銀座1-5)では、浅川洋展。

    DSC03615.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、ーAFTERー。

    作品は全て抽象表現ですが、
    壁面ごとに、
    3つの異なるスタイルの作品が展示されています。

    ・黒地に白い数字だけを書き連ねた大作。
    数字は、東日本大震災の帰宅困難地域住民の電話番号だそうです。

    ・帰宅困難地域の風景画。
    ここでも電話番号が重ねられています。

    ・朝鮮朝顔(マンダラゲ)が起点になった作品。
    一部に電話番号が混在しています。


    「東日本大震災の帰宅困難地域の電話番号」となると、
    重いテーマのコンセプチュアルアートとして、

    見る側も覚悟の上で、対峙する必要がありそうです。

    しかし、それはたまたま筆者が
    制作背景を知ってしまったからであり、
    そんな前提条件なしで、
    バイアスのかからないニュートラルな状態で鑑賞すれば、
    一つの美しく上質な抽象画です。

    風景らしきもの、花らしきもの、
    そして数字の列。

    山や川、木々、草花や人間。
    生まれたことの不思議さが同じもの達は、
    現在であれ、過去であれ、
    日常と呼ばれるこの同じ世界に共に在るという幸運を、
    あらためて教えてくれる。
    そんな印象でした。

    DSC03614.JPG

    DSC03616.JPG

    DSC03617.JPG

    FUKUSHIMA•0240

    DSC03618.JPG

    FUKUSHIMA•0240•不在の庭•マンダラゲ

    DSC03619.JPG

    FUKUSHIMA•0240•不在の庭•マンダラゲ•1

    DSC03620.JPG

    FUKUSHIMA•0240•不在の庭•マンダラゲ•2

    DSC03621.JPG

    DSC03622.JPG

    FUKUSHIMA•0240•不在の庭•9

    DSC03623.JPG

    DSC03624.JPG

    FUKUSHIMA•0240•記録された景色•5

    DSC03625.JPG

    DSC03626.JPG

    DSC03627.JPG

    FUKUSHIMA•0240•記録された景色•3


    写真:筆者撮影

    Scan0041.jpg

    Scan0042.jpg

    Scan0043.jpg

    Scan0027.jpg

    Scan0028.jpg
    20181120 鑑賞
    | 印象記 | 05:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3527