CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3507 藍画廊(中央区銀座1-5):浅川洋展 | main | 3509 コバヤシ画廊(中央区銀座3-8):西成田洋子展 >>
3508 Oギャラリー(中央区銀座1-4):小屋哲雄展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC03628.JPG

    Oギャラリー(中央区銀座1-4)では、小屋哲雄展。

    DSC03629.JPG

    DSC03641.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、ー古典抽象主義・25ー。

    画家がテーマとする「古典抽象主義」とは、
    抽象絵画の進化過程で削ぎ落とされてきた、
    具象絵画の要素や形式を取り込むことで、
    新しい発想の抽象絵画を模索する試みの様です。

    古典絵画には制作される「目的」があったので、
    目的を最大限に叶えるため、
    構図や形、効果など、
    綿密なロジカルでデザインされています。

    画家はその「綿密なロジカル」な部分を、
    抽象絵画に生かそうとしているようです。

    例えば、塗りつぶされた画面が中心で割れて、
    ランダムな格子が挿入される作品では、
    奥行きや、異なる次元を対置させていて、
    古典絵画における、

    情報量の密度に強いメリハリを付ける手法などとの、
    共通性がある。
    そんな印象でした。

    DSC03630.JPG

    DSC03631.JPG

    ハイドンの協奏交響曲

    DSC03633.JPG

    DSC03634.JPG

    中心のためのノクターン

    DSC03636.JPG

    夜の歌が聴こえる

    DSC03638.JPG

    DSC03639.JPG

    サンティナート

    DSC03642.JPG

    DSC03643.JPG

    海の構造

    DSC03644.JPG

    森の構造


    写真:筆者撮影

    Scan0029.jpg

    Scan0030.jpg

    20181120 鑑賞
    | 印象記 | 05:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3528