CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3508 Oギャラリー(中央区銀座1-4):小屋哲雄展 | main | 3510 Gallery-58(中央区銀座4-4):ritmico展 >>
3509 コバヤシ画廊(中央区銀座3-8):西成田洋子展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞

     

    DSC03658.JPG

    コバヤシ画廊(中央区銀座3-8)では、西成田洋子展。
     

     

    DSC03647.JPG

    DSC03648.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、ー記憶の領域2018ー。

    床に2点、壁に2点の立体作品。
    1点の平面作品。

    煮染めたような古色になったかつての
    衣類や道具たちは、
    強い磁力で引き寄せられ、何かを覆い、
    古代言語のような、
    昔は使っていた人がいて、
    今は誰もわからない言葉を発しているようです。

    繰り返される集積には、
    集積を成り立たせるための緊張感が生まれ、
    容量と質量をもつ時間を広げています。

    記憶は、その量がわからない程に多いので、
    曖昧さだけが表層に浮かび上がります。
    それを形にするならば、
    こんな「不明瞭な実態」という事態になるのだな。
    そんな印象でした。

    DSC03649.JPG

    記憶の木

    DSC03652.JPG

    DSC03653.JPG

    夜に歩く

    DSC03654.JPG

    DSC03655.JPG

    記憶を連れて

    DSC03656.JPG

    記憶の木

    DSC03650.JPG

    DSC03651.JPG

    Untitled


    写真:筆者撮影

    Scan0031.jpg

    Scan0032.jpg

    20181120 鑑賞

    | 印象記 | 05:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3529