CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3510 Gallery-58(中央区銀座4-4):ritmico展 | main | 3512 国立新美術館(港区六本木7-22):改組 新 第5回 日展/日本画・1 >>
3511 StepsGallery(中央区銀座4-4):松宮真理子展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC03660.JPG

    StepsGallery(中央区銀座4-4)では、松宮真理子展。

    DSC03670.JPG

    会場風景。
    「Fragile Garden」という作品名の
    大きな箱状のオブジェが床に置かれています。

    上面は透明ガラスで、
    その上に6角形の硝子板が並び、
    底板にも加工された硝子板が組み合わされています。

    上からは照明が当たり、
    中にも照明が仕込まれ、
    一面に、「焼きガラス」製法で出来た、
    水面の氷のような断片が、
    薄く張り付いていて、
    それらが全体が同時に重なり合って
    目に入ってくるので、
    めくるめく複雑な状況に
    時が止まった感じで、見入ってしまいます。

    この作品は硝子を素材とした立体作品というより、
    透明なものと、反射するもの、
    光による一つの場面です。

    記憶に残る感覚を呼び覚ます装置。

    見てみたいものは表層的な姿ではなく、
    記憶に存在するはずの見えない何か。
    作家自身の内面から探り当てたものは、
    光の出来事。
    そんな印象でした。

    DSC03671.JPG

    DSC03673.JPG

    DSC03674.JPG

    DSC03672.JPG

    DSC03675.JPG

    DSC03676.JPG

    DSC03677.JPG

    DSC03678.JPG

    写真:筆者撮影

    Scan0035.jpg

    Scan0036.jpg

    20181120 鑑賞
    | 印象記 | 05:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3531