CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3525 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):高浜利也展 | main | 3527 アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5):中澤美和展 >>
3526 ギャラリー椿(中央区京橋3-3):金井訓志展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC04304.JPG

    ギャラリー椿(中央区京橋3-3)では、金井訓志展。

    DSC04305.JPG

    DSC04306.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、
    ー花、美しくも妖しいカタチー。

    国立新美術館での独立展は、
    高い画力を備えた個性派揃いの見応えある有力公募展です。
    筆者は、あの作家の今年の新作は?
    といった興味で会場を回りますが、
    「あの作家」に当然、金井訓志も入っていて、
    今年(86回)の出品作、

    なぎさの線のままならずには意表を突かれ、唸りました。
    ※82回、83回の作品も凄かったです。

    花の妖しい美しさが、
    色がない画面で香り立っていました。

    この個展では、その、異色の世界観が水平展開され、
    鑑賞者にとって、
    贅沢な絵画鑑賞空間が生まれています。

    この作家の特異性は、
    自然界の無限諧調を、
    数種の色面に限定することで、

    自然界にはない不協和音が発せられる点です。

    むろん、それらは制御された結果であり、
    画面にはモチーフの「花」とは別次元の装飾性をもたらし、
    ドライな官能が見る側を新しい世界へ誘う。
    そんな印象でした。

    DSC04307.JPG

    DSC04308.JPG

    はな(パロットチューリップ)
    パネル、アルキド絵具

    DSC04310.JPG

    DSC04311.JPG

    DSC04312.JPG

    なぎさの線のままならず
    パネル、アルキド絵具

    DSC04314.JPG

    DSC04315.JPG

    DSC04316.JPG

    はな(つばき)
    パネル、アルキド絵具


    写真:筆者撮影

    Scan0001.jpg

    Scan0002.jpg

    20181211 鑑賞
    | 印象記 | 05:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3546