CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3539 StepsGallery(中央区銀座4-4):小山悦子展 | main | 3541 国立新美術館(港区六本木7-22):シェル美術賞展2018・2 >>
3540 国立新美術館(港区六本木7-22):シェル美術賞展2018・1
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC04559.JPG

    国立新美術館(港区六本木7-22)では、シェル美術賞展2018。

    DSC04560.JPG

    会場風景。

    筆者にとっては今年最後の公募展鑑賞。

    美術鑑賞の「面白さ」の尺度はたくさんありますが、
    なんとなく、とにかく面白いという、
    アナーキーな評価基準ならば、
    シェル美術賞展が一番面白いです。

    時代を担う若手作家を発掘することを目的にした、
    コンクール形式の公募展で、
    国展、独立展、白日会、新制作のような
    美術団体主催の公募展ではなく、
    ということで、付属する団体のテイストに左右されません。

    有力公募展は、
    基本的な画力と、
    作品に込められた労力、エネルギーの絶対量を
    評価する傾向があり、
    その結果、わかりやすい「力作」揃いになることに対し、
    このシェル美術賞展は、
    評価基準が多様、多彩なので、
    肩肘張らない、作家の自然体が現れ、
    「そもそも絵画って何だっけ?」的な
    様々な次元の作品に出会えるのです。


    同時に、現代美術における
    「若手作家の登竜門」として美術界では評価が確立していて、
    現在活躍しているアーティストの中には、
    シェル美術賞展の受賞によって、
    ギャラリストやキュレーター、メディアに見出され、
    作家活動を継続している人も少なくありません。
    現代日本のアートシーンを体感(予感)するには最適な展覧会です。

    さすがに、
    受賞・入選のレベルは高く、
    個性的な自己主張やインパクトはもちろん、
    絵画的納まりも良質で、
    なるほど、商業ベースに乗ることが予想されました。

    それでは、筆者の独断的趣味で選んだ25作品を5回に分けて、
    紹介します。

    ※作品ごとに、作家の制作コメントも
    添えられていましたので、
    要約転記しておきました。

    DSC04561.JPG

    DSC04562.JPG

    グランプリ
    近藤太郎
    Self Portrait
    「自分を見る」という事が
    テーマの一つです。
    鏡や写真で自身を見るより、
    自己認識というのは
    もっと複雑なものと思います。


    DSC04564.JPG

    DSC04565.JPG

    田中良太
    斥力
    時々、他社のような自分が私を観察していて、
    絵を介してそにある図像が
    固定的に解釈されないことを楽しむように
    次の一手を待っているのではないかという
    気になります。


    DSC04567.JPG

    DSC04568.JPG

    赤松加奈
    緑の昼下がり
    ふとしたきっかけで
    一見関係のないように点在していた出来事が繋がり、
    見えている景色が全く変わってしまった
    瞬間が忘れられない。


    DSC04571.JPG

    DSC04572.JPG

    後藤りさ
    blank spase (3)
    そこが日本でも外国でも、
    些細な日常の風景は
    時としてとても普遍的なものに感じます。


    DSC04574.JPG

    DSC04575.JPG

    Lee Jiyoun
    シドニー山道
    記憶を辿って絵を描くと
    最初の考えと感情が
    予想できなかった外部要素の影響で
    違う意味が重ね合わされたりします。


    DSC04570.JPG


    写真:筆者撮影

    Scan0033.jpg

    Scan0034.jpg

    20181212 鑑賞
    | 印象記 | 05:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3560