CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3551 フランク・ステラ「Harran 供廚砲弔い | main | 3553 アンディ・ウォーホル「マリリン」について >>
3552 ドナルド・ジャッド「無題 No.306」について
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞

     

    5回目は、ドナルド・ジャッド「無題 No.306」について。



    ドナルド・ジャッド
    無題 No.306
    1973年
    コールド・ロールド・スチール
    各23.0×101.6×78.7cm(10点組)

    ちょうどオフィスデスク程度のサイズで、
    厚みが23cmのスチールの中空の箱が10個、
    等間隔で縦に1列、壁に取り付けられています。

    何かの設備のように見えますが、
    機能を持たないファインアートです。

    絵画ではないので立体作品と呼びたいのですが、
    そう呼ぶことが、ためらわれるのは、
    この作品が何かを模倣したり、暗示、象徴したり、
    作家の感情や思想が入ったりすることなく、
    何も発せず、語らず、
    じっと見ていても、何も受け取れないという、
    作品の前での居心地の悪さというか、
    場の持てなさ、があるからです。

    では、ストイックで厳格な美を体現しているのでしょうか。
    これは受け手の感性の問題ですが、
    筆者には物量的、素材的迫力は感じられても、
    美しさは感じられません。



    例えばこれは、
    建築家のデヴィッド・チッパーフィールドがデザインした
    ローテーブルですが、
    エッジの効いたシャープなフォルムなら、
    自動的に美しくなるわけではなく、
    このような、美しさに至る、
    かなり厳しく細かい手続きが必要になります。

    美しさでもなく再現でもないならば、
    ドナルド・ジャッドは何を目指したのでしょうか。

    ミニマル・アートを文字通り捉えるならば、
    箱は10個ではなく、1個の方がミニマルで、

    4面で構成される「箱」よりも、
    1面の「板」の方がもっとミニマルでしょう。

    厚みが極力薄い板による箱を、
    10個縦に並べるという意思だけが、

    絵画でも彫刻でもない、この事態に導きました。

    制作主題やモチベーションなど、
    製作者の影を消し去った
    ファインアート(制作を目的とした制作物)が存在するならば、
    真の自由なイリュージョンを起こし得るのだろう。
    そんな印象でした。

     
    | 印象記 | 05:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3573