CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3762 アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5):小野理恵展
    紋谷幹男 (06/06)
  • 3764 ギャラリー檜 C(中央区京橋3-9):樺山カナヤ真理展
    紋谷幹男 (06/06)
  • 3764 ギャラリー檜 C(中央区京橋3-9):樺山カナヤ真理展
    樺山カナヤ真理 (06/05)
  • 3762 アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5):小野理恵展
    小野理恵 (06/05)
  • 3739 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):いちのしのぶ展
    いちのしのぶ (06/03)
  • 3739 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):いちのしのぶ展
    紋谷幹男 (06/01)
  • 3739 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):いちのしのぶ展
    いちのしのぶ (06/01)
  • 3749 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):横山隆雄展
    紋谷幹男 (05/28)
  • 3749 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):横山隆雄展
    横山隆雄 (05/28)
  • 3696 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):池田しょう展
    紋谷幹男 (05/03)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3601 Gallery-58(中央区銀座4-4):小野木 亜美展 | main | 3603 GALLERY枝香庵(中央区銀座3-3):守美音展 >>
3602 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):永井 等展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC05166.JPG

    ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4)では、永井 等展。

    DSC05158.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、「四季採集ー静刻ー」。

    絵画は色や形を絵具で平面に表現する手段なので、
    色や形が鑑賞対象になるのですが、
    この画家の場合、
    それ以外に達成したいことがあるようです。

    鑑賞していると、
    表現された図像と同時に、
    幾重にも塗り重ねられ、
    描き加えられた積層として、
    作画行為の結果としての絵具の実態が迫ってきます。

    表現は表層に現れるものですが、
    それだけではなく、
    奥底に現れては消えるイメージが感じられます。

    画家がキャンバスと向き合う濃密な時間は
    熱い共感を喚起する。
    そんな印象でした。


    DSC05143.JPG

    DSC05144.JPG

    DSC05145.JPG

    DSC05146.JPG

    月の扉

    DSC05148.JPG

    DSC05149.JPG

    DSC05150.JPG

    昼下がり

    DSC05152.JPG

    DSC05153.JPG

    DSC05154.JPG



    DSC05156.JPG

    DSC05157.JPG

    DSC05159.JPG

    DSC05160.JPG

    刻々

    DSC05162.JPG

    DSC05163.JPG

    DSC05164.JPG

    海想賦


    写真:筆者撮影

    Scan0027.jpg

    Scan0028.jpg

    20190205 鑑賞
    | 印象記 | 05:41 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
    ひとつひとつ言葉を探しながら、作家たちの様々でわがままな表現行為を的確に評論される紋谷さん。素晴らしいです。ありがとうございました。
    | 永井 等 | 2019/03/05 8:36 PM |
    コメントありがとうございます。言葉は既に役割を与えられていますが、絵画における色形は、画家によって役割を与えられる。だから創作なのだと思います。そんなことが強く感じられました。紋谷
    | 紋谷幹男 | 2019/03/08 5:18 AM |









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3624