CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3641 藍画廊(中央区銀座1-5):大橋俊介展 | main | 3643 Oギャラリー(中央区銀座1-4):西村みはる展 >>
3642 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):三森早苗展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC06276.JPG

    GALERIE SOL(中央区銀座1-5)では、三森早苗展。

    DSC06292.JPG

    DSC06288.JPG

    会場風景。

    パルプと羊毛を特殊な技法で支持体にして、
    色鉛筆などで絵を描いたり、
    立体作品を作ったりしています。

    生み出された素材感の力が大きく、
    作家は、どんな状態を与えたら、
    素材が自身の言葉で語り始めるか、
    創作の森を歩き回っているようです。

    何かと問われれば、
    原始というか、生命が活動を始めたかのような、
    瑞々しい空間が生まれたかのようです。
    どこか心地よい調べがあります。

    物事は形や色を持ってクリアになり、
    それぞれが静かに自身の存在に気付き始める。
    そんな印象でした。

    DSC06289.JPG

    DSC06290.JPG

    DSC06291.JPG

    作品と部分詳細。

    DSC06293.JPG

    DSC06294.JPG

    ​作品と部分詳細。

    DSC06295.JPG

    DSC06296.JPG

    ​作品と部分詳細。

    DSC06297.JPG

    DSC06298.JPG

    DSC06299.JPG

    ​作品と部分詳細。


    写真:筆者撮影

    Scan0025.jpg

    Scan0026.jpg

    20190305 鑑賞
    | 印象記 | 05:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3666