CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3762 アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5):小野理恵展
    紋谷幹男 (06/06)
  • 3764 ギャラリー檜 C(中央区京橋3-9):樺山カナヤ真理展
    紋谷幹男 (06/06)
  • 3764 ギャラリー檜 C(中央区京橋3-9):樺山カナヤ真理展
    樺山カナヤ真理 (06/05)
  • 3762 アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5):小野理恵展
    小野理恵 (06/05)
  • 3739 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):いちのしのぶ展
    いちのしのぶ (06/03)
  • 3739 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):いちのしのぶ展
    紋谷幹男 (06/01)
  • 3739 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):いちのしのぶ展
    いちのしのぶ (06/01)
  • 3749 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):横山隆雄展
    紋谷幹男 (05/28)
  • 3749 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):横山隆雄展
    横山隆雄 (05/28)
  • 3696 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):池田しょう展
    紋谷幹男 (05/03)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3642 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):三森早苗展 | main | 3644 OギャラリーUP・S(中央区銀座1-4):鈴木紗綾香展 >>
3643 Oギャラリー(中央区銀座1-4):西村みはる展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC06300.JPG

    Oギャラリー(中央区銀座1-4)では、西村みはる展。

    DSC06313.JPG

    DSC06314.JPG

    会場風景。

    白い余白をたっぷりと残して、
    単色の絵具が筆で押し付けられています。
    それは色面や形ではなく、
    コントロールしようとしてもしきれない絵具です。

    画家に、キャンバス上に絵具を使って表現しようという、
    意図があることは明白ですが、
    画家がキャンバスの上で見てみたいものは、
    視界のまわりで見える表層的な情報ではなく、
    そこに存在したはずの
    視界に入らない何かです。

    「存在したはず」の何かは、
    画家によって
    抽出し具現化されると、
    偶然という力を得て、
    画家の内面でもなく、世界でもない、
    絵画そのものへと再生される。
    そんな印象でした。

    DSC06315.JPG

    DSC06316.JPG

    心の奥から背中へ流れるど

    DSC06318.JPG

    DSC06319.JPG

    風まかせで過ごす

    DSC06321.JPG

    DSC06322.JPG

    少しの違いと成り立つもの


    写真:筆者撮影

    Scan0027.jpg

    Scan0028.jpg

    20190305 鑑賞
    | 印象記 | 05:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3667