CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3762 アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5):小野理恵展
    紋谷幹男 (06/06)
  • 3764 ギャラリー檜 C(中央区京橋3-9):樺山カナヤ真理展
    紋谷幹男 (06/06)
  • 3764 ギャラリー檜 C(中央区京橋3-9):樺山カナヤ真理展
    樺山カナヤ真理 (06/05)
  • 3762 アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5):小野理恵展
    小野理恵 (06/05)
  • 3739 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):いちのしのぶ展
    いちのしのぶ (06/03)
  • 3739 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):いちのしのぶ展
    紋谷幹男 (06/01)
  • 3739 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):いちのしのぶ展
    いちのしのぶ (06/01)
  • 3749 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):横山隆雄展
    紋谷幹男 (05/28)
  • 3749 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):横山隆雄展
    横山隆雄 (05/28)
  • 3696 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):池田しょう展
    紋谷幹男 (05/03)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3643 Oギャラリー(中央区銀座1-4):西村みはる展 | main | 3645 藤屋画廊(中央区銀座2-6):手綱笹乃展 >>
3644 OギャラリーUP・S(中央区銀座1-4):鈴木紗綾香展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC06300.JPG

    OギャラリーUP・S(中央区銀座1-4)では、鈴木紗綾香展。

    DSC06301.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、ー降る日ー。

    アクアチント、メゾチントによる
    モノトーンの抽象表現。
    「降る日」と題されているように、
    枝垂桜が上から下に伸びる様子が、
    インスピレーションの源泉になっています。
    同時に、直下の地面が、
    真上の出来事を反映しています。

    地面から上に伸び上がるという姿勢ではなく、
    上から下に垂れ下がるという状態には、
    自立というより、身を任せているといった風の
    危うさ、儚さとともに、
    重力への抵抗ではなく、
    重力からの解放といった自由さが感じられます。


    その様な、かすかな引っ掛かりを頼りに、
    日常の中ですぐに消えてゆく
    小さな感覚を絵画にしているようです。

    曖昧で些細なものに気付き、驚くことが、
    絵画の居場所をつくっている。
    そんな印象でした。

    DSC06302.JPG

    DSC06303.JPG

    DSC06304.JPG

    白日

    DSC06306.JPG

    DSC06307.JPG

    DSC06308.JPG

    雪宴

    DSC06310.JPG

    DSC06311.JPG

    朔の日


    写真:筆者撮影

    Scan0029.jpg

    Scan0030.jpg

    20190305 鑑賞
    | 印象記 | 05:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3668